2017/11/12

line of duty イギリスドラマ netflix

最近、雨が好き。
雨の日は、家の中でしっとりと楽しめる。風は良くない。楽しめない。
少し離れたところに 猫を転がせながら、ドラマを見る。

line of duty (netflix)
このイギリスドラマが今、私のブームです。
2012~のドラマなので、
少し、遅れながらですが、楽しんでいます。
6話 1シーズン。
これだと 1日か2日で みれます。
netflixでシーズン4まで配信中。
どんどん、熱が入ります。

一度、見ようとして1-1の数分でやめたことがあったのですが、
再度、みてみたら、いい感じでやめれません。

こういうドラマを発見すると 嬉しくなります。
今、netflixには すごいたくさんのドラマがあって、
選ぶのが、大変な状況です。その中の一つの選りすぐりのドラマ。




ケイト・フレミングを演じた ヴィッキーマクルーアVicky McClureの目元が
刑事フォイルに出ているポールミルナー巡査部長Anthony Howell
よく似ている、と、思う。
そういうのも、一人で楽しみながら。

今年の秋は 雨が多かったらしい。
順応性が高い私は、雨が好きになったのだろう。
自分の、楽な方への 心の動き、嫌な気分を軽減する 自然な動き。
得だなって思う。


2017/09/21

2017 09 夏の日々、baliへの思い。

いつのまにか 夏が 終わる。
9月、伊勢 湿気少なく過ごしやすい日々。
そして、夕焼けの綺麗な 日々。
ひどい風の台風、、もあるけれど。
 
7月に初めての中足骨の小さな骨折を経験して,
yogaクラスもしばらくのお休みをいただき、8月最終週ごろ復帰。

そんなふうに暑い夏が過ぎて
9月中旬、ino君hiroshi君たちのライブをみに名古屋へ、そしていろんな人に会えて
優しい人たちと過ごし、関西空港へ。

ガルーダインドネシア航空で 2年ぶりの bali島へ。
raw chocolate で 有名なBig Tree farm へ行く目的。
バリで、こんなに大きな、きちんとしたチョコレート工場ができている。
時間が過ぎるのが先進国よりは遅いけれど、日々進化しているのを感じる。

きっかけは そのチョコレート工場へのお誘い。
これほど、懐かしさを感じることになるとは思わなかった。

土地の高騰はずっとずっと続いている。
今では外国人もそれなりに手続きをして、土地を手にいれられるらしい。
とにかく、人がいっぱいのバリ。
たくさんのバイクが渋滞で進めない車のあちこちからどんどんその車の周りをすり抜けてゆく。自転車はあまり見なくなった。。
以前は、バリで快く迎えてくれるお友達のオープンの車で気持ちよくすっ飛ばしたのに。
もうスピードなんて、ほとんど出せない。

ヒンズー教の島、バリ島 にインドネシアで大多数を占めるイスラム教の香りがした。
モスクが大きくなって、コーランが外に向けたスピーカーから鳴っている。

変化、。
楽しい思い出が宿る 島。
30年ぐらい前のあの固定電話も繋がらない暗い夜、友人宅やホテル。
あれから、幾度となく、バリ滞在を繰り返した。
あの頃のあの人たちや 私たち。
その時々の 笑顔 や 風景。

もう 戻らないこと。強く思った。
余計に 愛おしくて愛おしくて、仕方がない。

それは 自然に作られたり、そして作るもの。
いろんな景色のフレームに入り続ける私でいたい。

ワルンコピ、
サーフィンについていかないとき、いつもお茶をするところ。
手紙を書いている。
風が ふと 誰かの仕草みたいに 髪を撫でてゆく。

そう、そんなふうに。

2017/04/16

春になってる。


遠い昔、桜の木の下。
父がよく写真を撮ってくれた。

おっこちゃん、あの頃の呼び名。
妹も弟もなく、一人っ子だった頃。
1961 春の思い出。photo by takeshi fujiwara


yanaさんと桜の下。
2017 春の思い出に。photo by honma-kun

世の中が早く動き、私は、取り残されていつもの場所にいる。
2月は雪の中の露天風呂に入りたくて奥飛騨へ行き、
3月の誕生月がうまくすぎて、いつものsamuiへのファスティング。
4月がきて、
’Sometimes It Snows in April’を4月の定番として聴きながら、逝ってしまった人々の思い出に胸を痛くする。

私の小さなyogaクラスと
imalive chocolate を仕事として少し時間を過ごす日々。
abbey lynn moss は 途中から、まだ、動き出していない。
全ては多分年相応に退化をして
少し、気力に欠けている。

私の中の私が 一番の味方!
それが眠っているよう。。初夏になったら目覚めてほしい。

春は、眠りを覚える 季節。

2017/01/03

2017 始まりの頃。

迎春
春を迎える
この言葉の雰囲気が好き。
2017年お正月 伊勢 自宅。
暖か 鳥の声に囲まれる。
ここどこかなあ? 緩やかに記憶が ぶれてゆく。
そして嘘みたいな青空と穏やかな風。
絵で描いたみたいに素敵な場所。

見上げた空

玄関のお花 by anyway
本年もよろしくお願いいたします。

2017年
人々が平和に幸せに暮らせるように。
大きすぎる願いだけど、ここ数年、本当にそう思う。