2009/11/27

thisisit.

This is it


Michael Jackson
Jackson5のマイケル。
亡くなった人の最後の記録だと思うと、
もういない。とか
もう見れない。とか
もう、ない。のネガティブさが漂う。
底辺にそんな気持ちがあるから、
それも魅力の一つとなって、
彼を再認識し、
いろんな事を考えながら楽しく観た映画。
場内に灯が戻るまで座ってた。
彼の音が流れていると、去れなかった。

彼の話声がやっぱり好きだった。

-------
弟君と会話すると
私の内面がピンポイントでわかる時がある。
ここ暫くの私は物静かな人々を好んでる。
昔から声の大きい人は苦手だったりするし、。

自分の内面を知ると、その考えをもう一度自分に戻し、
価値観に発展して、私の自然な振る舞いになる。
と、ささいな決定をしなくてはならない時に
とても便利になってゆく。

年齢を重ねるとそれが多くなるから
頑固ちゃんになってゆくね。
でも、ちゃんと端から忘れてゆく気もするから、。
+−0で。
-------



この規模のライブを構築する数人のアーティスト
たぶん人任せにしない彼等を思い出して尊敬した夜。

そして、
今のこのタイミングでこの映画を見て良かったと思った。

2 件のコメント:

みほみほ さんのコメント...

はじめまして。

喜心さんのブログから
訪問させていただいて以来、
ちょくちょくお邪魔をしております。

偶然にも、
私も木曜日に「THIS IS IT」を観ました。

マイケル・ジャクソンの大ファン、
というわけではないのですが、
「ネガティブの魅力」に惹き込まれてか、
ともすると、うるうると目に涙がたまり
帰りの車中で遠慮なく涙を流しました。

上映後、何人かの方が拍手をされていました。
映画館で拍手の音を聞いたのは、
生まれてはじめてです。

yoshiko さんのコメント...

こんにちは。みほみほさん。
ネガティブな魅力(笑)ほんと魅かれますね。
涙はでない私ですが、ほんと楽しくみてきました。
拍手も途中でしそうになったけどおもわず手をとめたり。
田舎の劇場ほどシーンとしてるそうですね(笑)
観て良かった映画でしたよねー。