2011/03/22

2011/03/22

久しぶりにいろんな人のblogをみてた。
震災のことなど、、。
募金、チャリティ、いろんなところで耳にする。

で、弟君のブログ、共感したので、
ここにも掲載させてね。

以下 ハニカム内藤原ヒロシブログより。

チャリティーの難しさ

March 18, 2011

チャリティーは難しい。
これはいつも思う事。なんとなく美学として無記名で、。というのがある。
伊達直人 みないな感じで。
僕もどちらかというと、これを支持してた。
これをしてきた。
で、今少し思う事。
きちんと名前を出して、金額をだして寄付をする、というのも大きな勇気だな、と。

地震の当日、いつものようにchatをしていて、stussyのpaulにチャリティーTシャツの件を持ちかけた。もちろん彼も、すぐにやろう、、と動いてくれた。
デザインをお互い送り送られ、、1時間後には完成して、サンプルにとりかかってくれた。
こんなに早く、サンプル制作、サイト構築、予約販売スタート。スピード感に感謝。
正直、アメリカの会社でこのスピードというのは、本当に最速だと思う。
日本は被災国。海外からの援助、募金は国として嬉しい。

そして、こういう意見をいただいた。

「ZOZO前澤社長の全額寄付男前チャリTに比べて天下のstussy様がコレ??? 「利益の全て」とか全然不透明だし送料も代引手数料も客負担。比較しちゃダメかもしれないけどショボい!!ショボいわぁ!!」

チャリティーとは、出来る事を出来る範囲で。これが基本だと僕は思う。
不透明云々はその会社が今まで信頼性を築き上げて来たかどうか、による。
どこがどこに売り上げを寄付、といったところで、受け渡し現場をみるわけでもないので、疑えば切りがない。

ショボい!!ショボいわぁ!!

この意見は本当に心が痛んだ。
こういう意見が、チャリティーをネガティブに誘導する。
僕はそう思う。

:::::::::
その後、この方がとても反省されてるというのを知って、嬉しく思いほっとした。

ひとつ間違えると、タイミングちがいでへんなことを言ってる自分がいたりする。
反省してる過去の発言もいくつかある。
言葉ってとても大事。
自分が言ったことは絶対自分なんだからと思う。
こういう機会に思い出して、。
勉強になります。

4 件のコメント:

satomi さんのコメント...

yoshikoさん、こんばんは。
私はyoshikoさんの優しい言葉、優しい気持ちの大ファンです。これからもブログ楽しみにしています!また近々、オシャレブログもお願いします☆

kaz さんのコメント...

はじめまして。いつもブログを楽しく拝見しております!私もヒロシさんのブログを見て共感しました。というのは、私の住んでいるところは去年の10月に豪雨災害を受けた奄美大島です。(幸いにも私の住んでいる地区は大きな被害はなかったです。)ここでも残念な事にボランティアに対して心ない事を言う人達がネット上ですけど現れました。チャリティーも一緒でこのような問題は難しいと実感しました。でも全国の方から温かいご支援をいただき今現在も復興に向ってみんながんばっています。感謝です!
長いコメントですみません。失礼します。

yoshiko yana さんのコメント...

satomiさん。

ありがとうございます。
おしゃれブログ!はあい。了解しました。
優しい人になりたいです。
自分にきびしく人に優しいがいちばんいいですね。
絶対無理ですけど笑)

yoshiko yana さんのコメント...

kazさん。はじめまして。
去年の豪雨災害、お見舞い申し上げます。
一歩ひいて、全く災害に関係なく観た場合、そういう考え方をしてしまうのもわかります。でも、それは間違いで、人道からはずれてるという事を同時にわからなければならないですよね。あのタイミングであの言葉はさみしすぎますね。
良い事をするにあたって、大きさは関係ない。
気持ちだけでもいいんだから。と思います。
チャリティをやってないとか金持ちなのに寄付しないのかとか、そんなことを言われてる人達もいるようですが。変ですね。それは個人の自由ですし、無記名でしてるかもですしね。そんな人のこと言って何がいいんでしょうね。
kazさん同様、人を助けてるおおくのみなさんに心から感謝です。