2012/08/23

裏切りのサーカス。


スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作を「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督、ゲイリー・オールドマン主演で映画化したスパイスリラー。

とても良かった。
じっくりと楽しめる映画でした。
ゲイリーオールドマン、をはじめイギリスドラマや映画で
よく見かける有名ところが勢揃いです。


ただ、人の名前顔がすぐに思い出せず
たいへんでした。
そしたら、HPにこんな記事が!!
読むべきでした。
これから観る方!一読です!!

http://uragiri.gaga.ne.jp

それでも、あれだけ楽しめたから
人々を把握したらもっと堪能できますね。
もう一度観ようとおもってます。



2 件のコメント:

みほみほ さんのコメント...

よしこさん、こんばんは♪
「裏切りのサーカス」、私も進富座さんへ2回観に行きました!
ピーター役のベネディクト・カンバーバッチに一目ぼれして、彼が出演しているドラマ「シャーロック」のDVDを、勢いで買ってしまいました(笑)
また、原作が読みたくなって、文庫本を買ったのですが、翻訳者の方には失礼ながら、日本語訳が読みづらく、まだ半分ぐらいしか読めていません。
原作と映画とでは少しストーリーや設定が異なるようですが、原作は原作で楽しめます。
イギリスに行ってみたくなりました(行ったことないのです)。

yoshiko yanagimoto さんのコメント...

みほみほさん。こんにちは。2回みにいかれたのですね。うまく時間があえば再度足を運びたいと思っています。ピーターとシャーロック、雰囲気をうまくかえてうまい役者さんですね。原作は買ってませんが私もかってみます。イギリスやユーロの古さを残してる街、素敵ですね。是非行ってきてください。